ヘッディング 1

ヘッディング 2

ヘッディング 3

ヘッディング 4

ヘッディング 5
ヘッディング 6

テキストです。ここをクリックして「テキストを編集」を選択して編集してください。

テキストです。ここをクリックして「テキストを編集」を選択して編集してください。

テキストです。ここをクリックして「テキストを編集」を選択して編集してください。

長崎大学経済学部教授
長崎大学学長補佐
長崎大学副学長
長崎大学理事・副学長
長崎大学副学長
滋賀大学監事

International Conference on East Asian Financial Markets and Economic Development, 
Conference Chair (長崎大学・西南財経大学(中国)・滋賀大学共催、年1回開催、これまで12回開催)
1st World Conference on Risk, Banking and Finance, Co-chair (The Risk Banking and Financial Society・長崎大学・ニューヨーク大学・フィレンツェ大学),

長崎市行政改革審議会(会長)
日本学術振興会 科学研究費補助金審査委員会 審査第三部会 社会科学小委員会(審査委員)
長崎県行財政改革懇話会(会長)
文部科学省 戦略的な留学生交流の推進に関する検討会(委員)
経済産業省 クレジットカード決済の健全な発展に向けた研究会(委員)
文部科学省・独立行政法人日本学生支援機構 グローバル人材育成コミュニティ協議会 実施評価委員会(委員長代理)
文部科学省 大学における海外留学に関する危機管理ガイドラインに関する検討会(主査)
日本学術振興会 科学研究費補助金審査委員会 審査第三部会 社会科学小委員会(審査委員)


 

基盤研究(C)『高頻度データを用いた外国為替市場のミクロ構造に関する研究』(研究代表者)
基盤研究(C)『外国為替ディーラーの雇用形態が為替レートのボラティリティに与える影響に関する研究』(研究代表者)
基盤研究(B)『AHPによる外為市場のセンチメントの測定と為替ディーラーの投資行動バイアスの研究』(研究代表者)
基盤研究(C)『実験経済学と人工市場・模擬実験市場を用いたGARCH効果の発生メカニズムの解明』(研究代表者)
基盤研究(B)『集合行動バイアスに基づく外国為替市場の変動要因分析:実験・実証・人口市場を用いて』(研究代表者)
基盤研究(B)『情動と資産価格の短期変動:セロトニントランスポーター遺伝子の分布特性に着目して』(研究代表者)

この他、奨励研究2件獲得、研究分担者として5件参加、ゆうちょ財団等の資金獲得実績あり


 

大学院GP「アジア型ビジネス教育プログラムの国際・産学共同開発:高度な専門職業人育成や専門教育機能の充実」実施責任者

グローバル人材育成事業(文部科学省)構想責任者

【職歴】

2001.4~現在
2005.4~2006.3
2006.4~2007.3
2008.4~2013.3
2013.4~2014.9
2016.4~現在

 

【主な学会活動】

2005.4~現在
 

 

2015.1月7・8日

 

【社会活動】

2005.4~2010.3
2008.6~2018.11

 

2010.4~現在
2013.3~2014.3
2014.4~2014.9
2014.4~現在

2016.12~2017.3

2017.6~2017.11

 

【外部資金獲得実績】

(科学研究費)

2000~2003年度

 

2001~2004年度
 

2006~2009年度

 

2010~2013年度

 

2014~2017年度
 

2018~2021年度

 

 

(文部科学省)

2008~2010年度
 

2013~2017年度

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。